1999年が音楽の目覚めの僕

1986年生まれな僕、記事を書くにあたって、何をネタにしようか。やはりまずは音楽だろう。

初めてハマって聞いた音楽は何かと考えると、中1のときの宇多田ヒカルの「First Love」(1999年)あたりだと思う。90年代ギリギリだ。
その当時、まわりのオシャレな女の子はみんな聞いていた。
(そして、ギャル系の子は浜崎あゆみだった。好きだった女の子は宇多田ヒカルを、、、)

それまで家で両親が聴いていたJ-Popや、バンドミュージックとは違う、低音が効いていて、音数は少ない音楽に、カッコイイ!と感動した。
今聞いてもやっぱりカッコイイ。Time Will Tellがすごく好きだった。

その次にハマったのはなんだろう?と考えると、birdで、これまた1999年。
当時TOYOTAの車のCMに使われていた「空の瞳」を聞いて、宇多田ヒカルとは違うスピード感のある音楽で、こりゃすごい。とドハマリした。
(当時のCMの動画がないか探したけれど見つからず。大沢伸一が出演しているライブVerで。)

今もたまに聴きかえす曲を見返すと、
宇多田ヒカル「First Love」、bird「bird」、DOUBLE「Crystal」、
Dragon Ash「Viva La Revolution」、RHYMESTER「リスペクト」、
Tei Towa「Last Century Modern」…
と、揃いも揃って、1999年リリースのアルバムばかりだ。

1999年、13歳のときに聴いた音楽にここまで取り憑かれているとは。。。

いや、むしろ、99年って何かしらの、日本の音楽のターニングポイントだったのでは?と思ったが、そうでもない気もするし、そうでもある気もする。

さて、ここでは80’s-90’sの話をしなければならないのだが、99年が目覚めだった僕は、このあと何を書いていくべきか。。。

1986年生まれ、色気づいていたころには、2000年になっていた。
若い女の子にインスタグラムでいいね!をもらうために生きている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です