テレビが私に教えてくれたこと「ガキの使い!七変化シリーズ」

ダウンタウンが変えた笑いの世界

いまや人気番組となった「ガキの使いやあらへんで」。2003年にはじまった「笑ってはいけないシリーズ」は、年末には特番の恒例番組になるまでに成長した。そんな「ガキの使い」が始まったのは80年代後半の1989年。

ダウンタウンの笑いの構成要素である「緊張と緩和」が大きな笑いの渦を作っているのは言うまでもないが、その代表作としてさけて通れないのが1995年からはじまって現在も続く「七変化シリーズ」である。
そんな「七変化シリーズ」での名作をご紹介します。

・次長課長 河本

「人志く、、、松本くん」という名台詞で歴代1位の63,000円を獲得



・渡辺直美

持ち前の器用さで、様々なキャラとシーンを演じわける渡辺直美。歴代2位の60,000円を獲得。



・笑い飯 哲夫


笑い飯・哲夫の独特の世界観にハマる人が続出。獲得金額は歴代4位の53,000円。



・ボブサップ

暫くの間上位に君臨していたボブサップ。松ちゃんが裏で全てを仕切ってこのクオリティ。獲得金額は歴代4位53,000円。



・友近


あたかも実在するかのような女優や、おっさん西尾一男を演じる友近。今では彼女の持ちネタになってます。獲得金額は歴代9位47,000円



・ブラックマヨネーズ 小杉


「ハゲ踊り〜ハゲ踊り〜伝統芸能ハゲ踊り〜」の有名なネタが生まれた瞬間。歴代8位の48,000円。



・歴代最低・放送作家・高須光聖

松ちゃんターゲットのネタで、豪快にスベって過去最低の7,000円。高須っぽさが出てる。

大人気お騒がせテクノ・ハウスデュオ「Steve & Jobs」。

サブカルチャーからアンダーグランドミュージックを語ります。

強烈な愛の伝え方

この声と、この音と・・・・
とても懐かしさを感じる音楽と出逢った。

愛をストレートに歌うアーティストたちはたくさん存在する。私が辿った道ではレベッカ、LINDBERG、相川七瀬、JUDY AND MARY・・・などなど。

誰に似ているのだろう、誰でもない何かなのか、耳から離れないこの曲。でも少し前の時代に聞いていたような感覚になった。

そして、どストレート過ぎる曲

愛に狂った曲

衝撃が走ったwwwwwwwww

彼女の音楽ルーツは「浜田省吾」や「小沢健二」なのだとか。だからか!男性目線の歌詞が多い。自分とは正反対の感性で言葉を選ぶ、それが彼女の特徴。1曲ずつテイストも変わり、懐かしさにこの時代にあった表現方法がスパイスで加わっている。

あいみょん!!!とにもかくにも最近このアーティストが好きだ!!ぜひ多くの方にこの音楽を知って聞いてもらいたい。

音楽とお酒とガーリックが好き!!!!!!

そんな私がつぶやく80〜90年代カルチャーへの想いをお楽しみください。

なぜ今80年代なのか?を考察する

どうも大変ご無沙汰しております、Tetsuです。

このメディアをそもそも立ち上げるにいたった気運というものを最近ちょくちょく振り返ったりするのですが。お仕事させていただいているValextraさんでも今年のヴァレンタイン・チャームは8bit風ということで、とりあげてみました。

https://www.valextra.jp/user_data/information.php

当初、ポスト団塊ジュニアと呼ばれる80年代・90年代に青春を謳歌した世代である自分たち40前後のおじさん達がビジネスでもメインストリームに出てくる時期的な面もあって、懐かしさを楽しむような感じで気運が芽生えていった感じなのですが、それがこの世代のおじさんたちだけにではなく、全世界的な流行になっているわけは、マテリアルデザインとフラットデザインの影響によるものだという分析があります。皆様も記憶に新しいと思いますが、windowsのデスクトップなんて今まさにこのフラットデザインで構成されていますよね。

「え?windows使ってない?」なんて野暮なことは今更聞きませんが(苦笑)

ぜひこちらのリンク先も見てみて下さい。

8bitと言いながら、カラースペースは24bitじゃないのかこれというオチもありますが、まだまだ80年代・90年代のリバイバルの波は続いていきそうですね。auto-reverse、ならびにBar U’jaddeで定期的に開催している音楽とご飯のイベントでもしばらく掘り下げてみようと思います。

次回は先日のBar U’jaddeでの80’s, 90’s popsのプレイリストなどを書こうと思います。お楽しみに!
 

tetsu

たけてつです、サイト構築と、主に90年前後のオーディオ機器、洋楽ポップスのレビュー、PCネタあたりをあっためてます。昼間は広告制作会社の経営企画やりつつ、プロデューサー、プランナー、コンサルタントの境界線上で仕事してます。よろしくお願いします。

パーソナルソングの力

むかし聴いていた音楽を耳にした瞬間・・・・・当時の想い出が蘇る!!そんな経験をしたことはありませんか?

友人や恋人との楽しい思い出、失恋や卒業、出会いなど何かの節目になったものなど。

その曲は、あなたの「パーソナルソング」かもしれません。

ミュージック&メモリー療法の普及

日本国内の認知症患者数は400万人ほど。しかし、未だに完全な治療方法は解明されていない。何が起因でいつ起こるのかも正確には分からない、誰にでも起こり得る病気なのだ。

いま、その治療の一環として注目を集め始めているのが「ミュージック&メモリー療法」だ。パーソナウソングを使って記憶を呼び起こそうとする手法で多くの人に希望を与えている。

聞くだけではなく口ずさむ、それにより多少なりと当時の熱量が戻り活力が蘇るとも言われ、高齢者施設でも積極導入されている。

私のパーソナルソング

当の本人は、どれが自分のパーソナルソングなのか自信を持って言えないw

あの日、あの時、あの場所で・・・・思い出の分だけそれに関連する音楽が存在するのだ。もしかしたら、パーソナルソングって絞りきれるものじゃないのかもしれない。たくさんあってもいいかもしれない。

そう思うと、きっとこれから出会うだろうたくさんの音楽もパーソナルソングになる可能性があるのだ。これからどんな音楽、ミュージシャンに出会えるのか、人生の楽しみが増えた。

 

音楽とお酒とガーリックが好き!!!!!!

そんな私がつぶやく80〜90年代カルチャーへの想いをお楽しみください。

Festa Di Ragazzi #22 Auto Reverse 〜音楽好きなオトナたちの新年会〜

表参道、南青山にひっそりと佇むバール ウギャッデ。ここでは月に一度愉快なオトナたちが開催するイベントがある

〜世界観の共感を〜

10代の頃、どんな曲を糧にして生きていていただろうか・・・大げさかもしれなれないが、数え切れない思い出と、喜びと悲しみと、それは音楽とともに築かれてきと思う。

Festa Di Ragazzi #22 Auto Reverse このテーマを選んだのは、昭和という時代が今でも好きだったから、そして我々愉快なオトナたちがここまで育ったそれぞれの由来を知りたかったからだった。

〜ヒットナンバーが時代を語る〜

オーガナイザーは6名。それぞれ時代も違えばジャンルも国も違う曲を持ち寄る。意外と個々の好みはそこまで被らないという面白さ。

「この曲なんだっけ」そんな会話が何度か繰り返される。あの頃の思い出を語りながら、自分が生きた時代を思い出し語り合う。そんな時間がここには流れた。

〜FoodもDrinkも裏切らない〜

この日に出されらFoodには拘りがあった。昭和といえば・・・ナポリタン!Rockといえばレッチリ!!なんて、思いつきだが名付けられ作られたパスタたちも、音楽とともにイベントを盛り上げるコンテンツとなった。

☆懐かしの明太子パスタ☆

☆懐かしのナポリタン☆

☆ロックな”レッドホットチリヘッパーズ”☆

もちろん、カクテルも負けてはいない。昭和に流行った飲み物の代表「カルピス」を使ったカクテルは「ティファニー」見慣れない色だが、とても甘くて女子好みの味だった。

どれも美味しかった。ただ、今日しか味わえないということだけが非常に残念ではある。

さて、次回はどのようなイベントが開催されるか・・引き続き楽しみだ。

バール ウギャッデ

〒107-0062
東京都港区南青山5-10-12 青山EDGE1階
TEL:03-6805-0244

音楽とお酒とガーリックが好き!!!!!!

そんな私がつぶやく80〜90年代カルチャーへの想いをお楽しみください。