テレビが私に教えてくれたこと「ガキの使い!七変化シリーズ」

ダウンタウンが変えた笑いの世界

いまや人気番組となった「ガキの使いやあらへんで」。2003年にはじまった「笑ってはいけないシリーズ」は、年末には特番の恒例番組になるまでに成長した。そんな「ガキの使い」が始まったのは80年代後半の1989年。

ダウンタウンの笑いの構成要素である「緊張と緩和」が大きな笑いの渦を作っているのは言うまでもないが、その代表作としてさけて通れないのが1995年からはじまって現在も続く「七変化シリーズ」である。
そんな「七変化シリーズ」での名作をご紹介します。

・次長課長 河本

「人志く、、、松本くん」という名台詞で歴代1位の63,000円を獲得



・渡辺直美

持ち前の器用さで、様々なキャラとシーンを演じわける渡辺直美。歴代2位の60,000円を獲得。



・笑い飯 哲夫


笑い飯・哲夫の独特の世界観にハマる人が続出。獲得金額は歴代4位の53,000円。



・ボブサップ

暫くの間上位に君臨していたボブサップ。松ちゃんが裏で全てを仕切ってこのクオリティ。獲得金額は歴代4位53,000円。



・友近


あたかも実在するかのような女優や、おっさん西尾一男を演じる友近。今では彼女の持ちネタになってます。獲得金額は歴代9位47,000円



・ブラックマヨネーズ 小杉


「ハゲ踊り〜ハゲ踊り〜伝統芸能ハゲ踊り〜」の有名なネタが生まれた瞬間。歴代8位の48,000円。



・歴代最低・放送作家・高須光聖

松ちゃんターゲットのネタで、豪快にスベって過去最低の7,000円。高須っぽさが出てる。

大人気お騒がせテクノ・ハウスデュオ「Steve & Jobs」。

サブカルチャーからアンダーグランドミュージックを語ります。

テレビが私に教えてくれたこと「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」

僕にとって90年代とは「テレビ」でした。
テレビに出てくる人が僕のヒーローだったし、テレビで描かれてる世界が本当の世界だと、ある程度オトナになるまでは信じて疑わなかったのです。
テレビとは「世界」と「」とをつなぐ魔法の箱でした。

お笑いに多大なる影響をうける

特に90年代、「お笑い」「バラエティ」といったジャンルがテレビを支配しはじめていった時期に僕は小学生になるのでした。
特に、両親が「オレたちひょうきん族」が好きで、チャンネル権が無い小学生の僕はなかば、半強制的に見せられて育ちました。そのなかでも、タケちゃんマンをはじめとして、「ビートたけし」という存在に子供ながら魅了され、惹かれていったのです。あ、この人は他の人と何か違う存在だなと。

「天才たけしの元気が出るテレビ」

1985年4月14日から1996年10月6日まで日本テレビ系列ほかで放送されていたバラエティ番組。通称「元テレ」は、ドキュメントバラエティの元祖。
特にすごかったのは「名も無き素人」にスポットライトをあて、様々なヒーロを生み出して、社会現象を作り上げたこと。この番組で作られた様々なフォーマットは、今のバラエティの基礎になってること。
さすがテリー伊藤先生!凄い!

毎週日曜日にこれを見てから学校に行き、笑いを取る。逆に見ないと話題に乗り遅れるといった、よくあるな小学生生活を送ってました。
こんな元気が出るテレビファンの僕が好きだったキャラクター(いまは様々な事情で再放送できないキャラも)をいくつか思い出してみました。

・軽井沢にいる怪しい動きをする蕎麦屋の親父

高田純二のボケレポートの元祖。どこの蕎麦屋だこれ?

・X JAPAN 伝説の「やしろ食堂 LIVE」

Xがデビューしたての頃の貴重な映像。この後、バーバラアキタダなどのヘビメタキャラが登場する。

・ダンス甲子園「加藤!加藤!いまきた加藤!」

LLブラザーズや山本太郎も強烈だったけど、このキャラはもっと強烈だった。

・伝説!パンチ相沢会長の結婚

見た目は怖いけど、根は優しい相沢会長。

・ジャニーズ予備校の岡田くん

今見ると、ジャニーズ枠のコーナーだったんですね。

・早朝バズーカシリーズ!林家ぺー・パー子

早朝シリーズの元祖。定番はバズーカ。戦車や熱いオシボリシリーズもありましたね。

他にも、大仏魂とか、的場浩司とか、日出郎とか、飯田覚士とか、劇団ひとりとか、三上大和とか、宅八郎とか、ジェット浪越とか、いっぱいいましたけど、それはまた次回。

大人気お騒がせテクノ・ハウスデュオ「Steve & Jobs」。

サブカルチャーからアンダーグランドミュージックを語ります。