テレビが私に教えてくれたこと「ガキの使い!七変化シリーズ」

ダウンタウンが変えた笑いの世界

いまや人気番組となった「ガキの使いやあらへんで」。2003年にはじまった「笑ってはいけないシリーズ」は、年末には特番の恒例番組になるまでに成長した。そんな「ガキの使い」が始まったのは80年代後半の1989年。

ダウンタウンの笑いの構成要素である「緊張と緩和」が大きな笑いの渦を作っているのは言うまでもないが、その代表作としてさけて通れないのが1995年からはじまって現在も続く「七変化シリーズ」である。
そんな「七変化シリーズ」での名作をご紹介します。

・次長課長 河本

「人志く、、、松本くん」という名台詞で歴代1位の63,000円を獲得



・渡辺直美

持ち前の器用さで、様々なキャラとシーンを演じわける渡辺直美。歴代2位の60,000円を獲得。



・笑い飯 哲夫


笑い飯・哲夫の独特の世界観にハマる人が続出。獲得金額は歴代4位の53,000円。



・ボブサップ

暫くの間上位に君臨していたボブサップ。松ちゃんが裏で全てを仕切ってこのクオリティ。獲得金額は歴代4位53,000円。



・友近


あたかも実在するかのような女優や、おっさん西尾一男を演じる友近。今では彼女の持ちネタになってます。獲得金額は歴代9位47,000円



・ブラックマヨネーズ 小杉


「ハゲ踊り〜ハゲ踊り〜伝統芸能ハゲ踊り〜」の有名なネタが生まれた瞬間。歴代8位の48,000円。



・歴代最低・放送作家・高須光聖

松ちゃんターゲットのネタで、豪快にスベって過去最低の7,000円。高須っぽさが出てる。

大人気お騒がせテクノ・ハウスデュオ「Steve & Jobs」。

サブカルチャーからアンダーグランドミュージックを語ります。